ホーム > 債務整理 > 債務整理の種類:任意整理のメリットデメリット

債務整理の種類:任意整理のメリットデメリット

借金の返済が難しい状態になった場合には、債務整理を行う必要があります。債務整理の中の方法のひとつが任意整理です。

この方法は取引を開始した状態にさかのぼり、利息制限法の金利を引き下げて再計算をすることによって減額された元本を分割で返済していく方法です。

この方法を用いれば将来の利息や遅延損害金を気にする必要がなくなり、減少した元本を返済すればいいことになります。

 

返済額は自分が生活を維持できる範囲で行われるため、借金を完済することが可能となります。この方法のメリットは自分の財産を処分したり、所定の職業になれないなどの自己破産で必要となる手続きを行わなくてもいいことです。

任意整理は貸金業者と弁護士との間での手続きのため、裁判所を通すことはありません。そのため、官報に掲載されることはありません。

 

この方法が優れているのは、複数からの借金がある場合に、保証人に迷惑がかかるような案件はこれまでどおりに払い続け、その他の借金のみを整理するなどの方法が可能なことです。柔軟な対応ができる整理の方法ということができます。

 

いくつかのデメリットもあります。それは、自己破産や民事再生とは異なり、返す金額が大きくなるということです。

3年くらいの期間で返すことができない金額であれば、この方法を利用することはできません。またこの方法を選択すると、信用情報機関に登録されることとなります。

 

そのため、新たな借金やクレジットカードの利用が5年間制限されます。

 

消費者金融の借金が返済できない場合等に利用されるケースが多いようです。